コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新訳華厳経音義私記 しんやくけごんきょうおんぎしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新訳華厳経音義私記
しんやくけごんきょうおんぎしき

著者未詳。2巻。奈良時代末の成立とみられる。新訳である『八十巻華厳経』についての音義私記の意で,古くは『八十巻華厳経音義』などともいわれた。万葉がなでつけられた和訓は,上代特殊仮名遣の区別を保っており,また上代特有語彙とみられるものを多く含むなど,奈良時代の国語資料となる。字音注は漢字音研究の資料となる。本書には中国で制定された則天文字もみることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android