コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新訳華厳経音義私記 しんやくけごんきょうおんぎしき

1件 の用語解説(新訳華厳経音義私記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新訳華厳経音義私記
しんやくけごんきょうおんぎしき

著者未詳。2巻。奈良時代末の成立とみられる。新訳である『八十巻華厳経』についての音義の私記の意で,古くは『八十巻華厳経音義』などともいわれた。万葉がなでつけられた和訓は,上代特殊仮名遣の区別を保っており,また上代特有語彙とみられるものを多く含むなど,奈良時代の国語資料となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新訳華厳経音義私記の関連キーワード桜雲記日本紀略福富草子姉小路式菅家遺誡旧事紀浜出塵添壒嚢鈔日本国尽大宅女

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone