コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音義 おんぎ

4件 の用語解説(音義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音義
おんぎ

漢籍や仏典から難解な字句を抜出してその発音や意味を注釈したもの。もと中国で始ったもので,慧琳の『一切経音義』などが有名であるが,のち日本に伝わり,日本でも編述された。奈良時代末期から平安時代初期にかけて『新訳華厳経音義私記』,空海撰『金剛頂経一字頂輪王儀軌音義』,信行 (しんぎょう) 撰『大般若経音義』などがあり,平安時代中期以降にも,仲算の『妙法蓮華経釈文』,藤原公任の『大般若経字抄』,源信の『法華経義読』,さらに『金光明最勝王経音義』『法華経単字』『倶舎論音義』などの辞書風のものがつくられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おん‐ぎ【音義】

漢字の字音と意味。
音義説で、言語が一音ごとにもっている意味。
漢籍・仏典に出てくる語句の発音や意味を注釈した書物。唐の玄応の「一切経音義」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

音義【おんぎ】

漢字の字音と意味,また音義説で言語の一音一音でもっている意義をいうことばだが,さらに一種の辞書,漢籍や仏典について,その中にある難字難語を抽出して,その読み(音)や意味(義)を注した書のこともいう。
→関連項目類聚名義抄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

おんぎ【音義】

漢字の音と意味。
言語の各音が本来もっている意味。 「 -説」
漢籍や経典に用いられている漢字の音と意味とを記した一種の注解書。 「勝鬘経-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音義の関連キーワードエウフォリオン抄物注解訓釈訓注字句難解詰屈聱牙貫き入る抜出る

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

音義の関連情報