コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施米 セマイ

デジタル大辞泉の解説

せ‐まい【施米】

困窮者や托鉢僧などに米を施すこと。また、その米。
平安時代、毎年6月に朝廷から京都周辺の寺の貧しい僧に米・塩を施したこと。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せまい【施米】

( 名 ) スル
托鉢たくはつ僧や貧しい人などに米を施すこと。また、その米。
平安時代、毎年六月に朝廷から京中の貧僧に米・塩を施したこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

施米の関連キーワード高梨兵左衛門(23代)大多和四郎右衛門賑給(しんごう)武州世直し一揆高橋安之丞平安時代石門心学寛喜新制山田松斎武州一揆熊谷蓮心袖の子泣女百姓貧僧朝廷餉箱

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android