コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷兮 カケイ

世界大百科事典 第2版の解説

かけい【荷兮】

1648‐1716(慶安1‐享保1)
江戸前期の俳人。姓は山本。通称は武右衛門。名は周知。初号は加慶。別号橿木堂撫贅庵がある。名古屋堀詰町のち桑名町住の医。句の初出は,1672年(寛文12)刊の椋梨一雪編《晴小袖》であるが,84年(貞享1)刊の《冬の日》の編集によって名を知られるに至った。その後,尾張蕉門の大立者としてふるまい,俳諧七部集第2の《春の日》,第3の《曠野(あらの)》を次々と編集し,名古屋は蕉門の一大拠点となった。しかし,絶えず新しみを求めて前進し続ける芭蕉に,荷兮を中心とする名古屋蕉門は,しだいに取り残された形となり,93年(元禄6)の荷兮編《曠野後集》では,序文に細川幽斎から西山宗因に至る古風の句をあげ,〈たゞいにしへをこそこひしたはるれ〉と述べて古風回帰を目指している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の荷兮の言及

【曠野】より

…俳諧撰集。山本荷兮(かけい)編。1689年(元禄2)刊。…

【更科紀行】より

…1688年(元禄1)冬から翌年春にかけての成立(異説もある)。88年8月11日越人(えつじん)と荷兮(かけい)の召使を連れて木曾路をたどり,姥捨の月を賞し,翌日善光寺にもうで,長野から碓氷峠を経て月末江戸に帰るまでの紀行作品で,構成は前半に文章,後半に発句を置く。冒頭に〈さらしなの里,姥捨山の月見ん事,しきりにすゝむる秋風の心に吹きさはぎて〉とあり,この作品が姥捨月見の記であることを示す。…

【春の日】より

…俳諧撰集。荷兮(かけい)編。1686年(貞享3)8月下旬刊。…

【冬の日】より

…俳諧撰集。荷兮(かけい)編。1684年(貞享1)冬成立。…

※「荷兮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荷兮の関連キーワード曠野・阿羅野・昿野高橋羽笠(2代)野ざらし紀行芭蕉(俳人)俳句(文学)山本荷兮蕉門十哲更科紀行伊勢参り加藤重五越智越人阿羅野酢漿草挟かふ野水傘下杜国越人

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android