コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旃室周馥 せんしつ しゅうふく

1件 の用語解説(旃室周馥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

旃室周馥 せんしつ-しゅうふく

?-? 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。玉潭中湛(ぎょくたん-ちゅうたん)の法をつぐ。長禄(ちょうろく)3年(1459)天竜寺住持となる。「周易」にくわしく蘇東坡(そ-とうば)の詩に精通していた。瑞渓周鳳(ずいけい-しゅうほう)らと学芸をきそった五山文学者。俗姓は山名。著作に「翰林(かんりん)残稿」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

旃室周馥の関連キーワード鉄牛臨済禅惟三宗叔一華心林大弁正訥天釈禅弥徳祥正麟無言昌謹藍田素瑛子才清鄴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone