翰林(読み)かんりん

精選版 日本国語大辞典「翰林」の解説

かん‐りん【翰林】

〘名〙 (「翰」は筆。文筆の集まっているところの意から)
① 学者の仲間。文人の仲間。
※菅家文草(900頃)二・裴大使留別之什「高看鶴出新雲路、遠妬花開旧翰林
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座と築地の憶出「当時の我が翰林の名士は元より」 〔白居易‐八月十五夜禁中独直対月億元九詩〕
② 「かんりんいん(翰林院)①」の略。
※本朝文粋(1060頃)一〇・聚沙為仏塔詩序〈慶滋保胤〉「台山禅侶二十口。翰林書生二十人」
③ 「かんりんいん(翰林院)②」の略。
※扶桑集(995‐999頃)九・冬日於文章院懐旧招飲〈大江朝綱〉「幹林懐古遇樽盈。銀艾紛々珮響清」
随筆・独寝(1724頃)上「又、姚文公翰林になりて、を承りて玉堂にをもふけられしに」
※江吏部集(1010‐11頃)中「兼翰林之後与門生談話」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「翰林」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android