コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翰林 カンリン

デジタル大辞泉の解説

かん‐りん【×翰林】

《「翰」は筆の意》学者、文人の仲間。
翰林院」「翰林学士」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんりん【翰林】

〔「翰」は筆、「林」は多いことの意〕
学者の仲間。文人の仲間。
「翰林院」「翰林学士」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

翰林の関連キーワードアルトゥ(阿魯図)アカデミー博学鴻詞科池 明観旃室周馥朴 羊信李基白王欽若韓あく院体画皮日休杜荀鶴欧陽玄王原祁柳公権馮敏昌文淵閣李陽冰王庭筠銭惟演

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翰林の関連情報