コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翰林 カンリン

デジタル大辞泉の解説

かん‐りん【×翰林】

《「翰」は筆の意》学者、文人の仲間。
翰林院」「翰林学士」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんりん【翰林】

〔「翰」は筆、「林」は多いことの意〕
学者の仲間。文人の仲間。
「翰林院」「翰林学士」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

翰林の関連キーワードアルトゥ(阿魯図)博学鴻詞科アカデミー旃室周馥朴 羊信池 明観李基白欧陽玄王若虚杜荀鶴李陽冰韓あく文淵閣王欽若院体画王庭筠王原祁銭惟演柳公権馮敏昌

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翰林の関連情報