コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅客等級 りょかくとうきゅうclass of passenger service

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旅客等級
りょかくとうきゅう
class of passenger service

旅客運送で設備サービスに差異をつけ,運賃・料金で区別した等級。特急,急行などの別による列車等級とは区別される。各等級運賃・料金の差額は設備,サービスのコストの差だけによるのではなく,旅客の運賃負担力の差にも規定される。諸外国では通常,等級段階の最も多いのは汽船であり,航空ではエコノミーとファーストの2段階が,列車ではセカンドとファーストの2段階が普通であるが,航空では近年の運賃自由化政策により,かなり複雑な等級性がみられるようになってきている。日本の場合,国内航空は現在モノクラス制であり,旧国鉄は 1960年から従来の3等級制を2等級制に改め,さらに 69年5月から従来の1等車をグリーン車と呼称変更,形式的には1等級制となったが,実質上は2等級制であり,また寝台料金など付加料金にも実質上等級制がみられる。私鉄地下鉄,バスには通常等級制は設定されていないが,諸外国では私鉄,地下鉄にも等級の設けられているものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旅客等級の関連キーワード旅客運送三等

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android