コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旗源平 はたげんぺい

世界大百科事典 第2版の解説

はたげんぺい【旗源平】

源平旗合戦,源平旗とりなどとも呼ばれる。石川県を中心とし,富山県,福井県などおもに北陸地方にみられる遊びで,19世紀初期に創案されたものといわれる。源氏を表す〈ささりんどう〉の白旗,平家を表す〈あげはちょう〉の紅旗おのおの大,中,小の旗とまとい),これらを差す盤,賽2個が遊具である。旗の高さは20cm前後で,小旗は10本で1本が1点,中旗は5本で1本が10点,大旗は1本で50点,纏は1本で100点。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

旗源平の関連キーワード源平旗合戦

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android