コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

无明法性合戦状 むみょうほっしょうかっせんじょう

世界大百科事典 第2版の解説

むみょうほっしょうかっせんじょう【无明法性合戦状】

室町時代物語。作者未詳。14世紀初めに成立か。悪逆の无品(むほん)無明王が衆生をまどわし,生死の獄屋に留めるので,法性真如王が釈迦,弥陀などの諸仏に無明王の城を攻略させ,無明王を降伏させるという,軍記物語をもじったもの。構想,表現の点で《聖徳太子伝記》などの影響が認められる。また1342年(興国3∥康永1)の奥書をもつ《久能寺縁起》には〈無明法性合戦物語〉なる書名が見え,《平家物語》などと同じように盲目法師によって語られていたらしいことがわかる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

无明法性合戦状の関連キーワード室町時代物語

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android