コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日仏賢人会議 にちふつけんじんかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日仏賢人会議
にちふつけんじんかいぎ

「日仏の明日を考える会」の通称。 1981年6月に鈴木首相が訪仏し,ミッテラン大統領と会談した際に設置が決まり,82年4月に発足した会議。中山賀博・元駐仏大使を座長にして日仏双方から学者・文化人・財界人・労組指導者などが5人ずつ参加した。中長期にわたる日仏関係のあり方の協議を進め,84年に政治・経済・社会労働・文化・科学技術の5分野について提言をまとめて解散した。その後,88年6月に竹下首相は訪仏の折にロカール首相に対して旧日仏賢人会議の実績を踏まえた「新・日仏賢人会議」の創設を提案した。しかし,その具体化はすぐには進まず,90年7月のロカール首相と海部首相との会談において「日仏賢人会議の創設の検討」が確認されたにとどまっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日仏賢人会議の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ[各個指定]芸能部門ラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司ングーギニーナ アナニアシヴィリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android