コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向梅山 ひなた ばいざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日向梅山 ひなた-ばいざん

1737-1818 江戸時代中期-後期の武士,画家。
元文2年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。藩主松平容頌(かたのぶ)の信任をえて大目付,大司成(のちの学校奉行)をつとめる。画は狩野(かのう)派をまなび,藩主の命で雪舟の絵屏風(えびょうぶ)を模写した。文政元年死去。82歳。名は忠(ただす)。字(あざな)は子信。通称は衛士(えいし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日向梅山の関連キーワードサウド家ダルジャンスジャン・ガストネゲッティンゲンヒギンズフォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ