日向椎葉湖(読み)ひゅうがしいばこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕日向椎葉湖(ひゅうがしいばこ)


宮崎県西部、耳(みみ)川上流の上椎葉(かみしいば)ダムによってできた人造湖。上椎葉ダムは、1955年(昭和30)完成の発電用ダムで、アーチ式コンクリートダム(堤高110m、堤長341m、面積2.66km2、総貯水容量9155万m3)。日本最初のアーチ式ダムで、上椎葉発電所は最大出力9万kW。湖面は北西および南西方向にV字形に延びる。椎葉湖とも。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

日向椎葉湖

宮崎県東臼杵郡椎葉村の耳川水系耳川にある上椎葉ダムダム湖。平家落人伝説のある椎葉村にあり、湖の名称は、「新平家物語」の著者である小説家、吉川英治の命名によるもの。一帯は九州中央山地国定公園に指定されている。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android