コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎葉村 しいば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椎葉〔村〕
しいば

宮崎県北西部,耳川の源流域にあり,西を熊本県に接する村。村域の大部分は九州山地で,耳川の谷間に集落が散在し,平家の落人が住みついた隠田集落が起源といわれる。中世末期は那須氏領,のち天領を経て人吉藩領となった。 1955年上椎葉に日本最初のアーチ式ダム,上椎葉ダム (高さ 110m,全長 340m,有効落差 144m) が完成。ダムの下流に上椎葉発電所がある。有名な民謡『ひえつき節』の舞台とされる上椎葉の那須家住宅 (鶴富屋敷) は重要文化財に指定。十根川神社の八村スギと大久保の大ヒノキはともに天然記念物重要無形民俗文化財椎葉神楽を伝える。国道 265号線,327号線,388号線が通じる。面積 537.29km2。人口 2808(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しいば‐そん〔しひば‐〕【椎葉村】

椎葉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

椎葉村の関連情報