日向輝武(読み)ひなた てるたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日向輝武 ひなた-てるたけ

1870-1918 明治-大正時代の実業家,政治家。
明治3年8月生まれ。21年渡米。大陸移民会社をつくり貿易などに従事し,31年帰国。京浜銀行常務,人民新聞社長などをつとめた。34年日本広告(現電通)初代会長。35年衆議院議員(当選5回)。大正7年5月28日死去。49歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android