日商岩井[株](読み)にっしょういわい

  • 日商岩井

百科事典マイペディアの解説

旧鈴木系の総合商社。大手総合商社で国内6位。1874年ころ鈴木岩治郎が鈴木商店を創業。1927年鈴木商店が破綻。翌1928年直系子会社の日本商業(1909年創業)に,鈴木商店の営業権を譲渡し,その後継会社・日商として再発足。1943年日商産業に改称し,1949年に日商に改称。1968年岩井産業と合併し,現社名に改称。岩井産業は1862年に岩井文助が創業した岩井商店に端を発し,1912年に株式会社に改組,1943年に改称したもの。金属・機械分野に強く,航空機も扱う。しかし,投機の失敗などから業績不振が続き,繊維部門の縮小など大幅な合理化で経営再建を図る。本社大阪。2003年資本金1029億円,2003年3月期売上高4兆6190億円。2003年4月にニチメンと経営統合し,持株会社ニチメン・日商岩井ホールディングスを設立。2004年4月,両社は合併し〈双日〉としてスタート。
→関連項目関西ペイント[株]総合商社双日[株]ダイセル化学工業[株]トクヤマ[株]日新製鋼[株]速水優

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の日商岩井[株]の言及

【鈴木商店】より

…そのため,4月5日に鈴木商店は内外の新規取引を中止し,破産した。破産した鈴木商店の営業を引き継いで再建したのが日商であり,同社は68年に岩井産業と合併し日商岩井となった。【浅井 良夫】。…

※「日商岩井[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android