コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木商店 すずきしょうてん

6件 の用語解説(鈴木商店の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木商店
すずきしょうてん

明治3 (1870) 年に鈴木岩治郎が神戸に創設した商社。砂糖,樟脳の取引で事業を拡大し,明治末期には樟脳製造,製糖,製鋼,製粉などの生産部門へも進出,さらに第1次世界大戦中に主として貿易により飛躍的に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すずき‐しょうてん〔‐シヤウテン〕【鈴木商店】

明治末期から大正期にかけての総合商社。明治期、砂糖・樟脳(しょうのう)の取引に始まり、第一次大戦で巨利を得、急速に諸企業を傘下に収めてコンツェルン化したが、戦後の恐慌に続く昭和2年(1927)の金融恐慌で、倒産。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鈴木商店【すずきしょうてん】

1874年ころ鈴木岩治郎が創業,その死後妻よねと番頭金子直吉らが主宰,1902年合名会社となった商事会社後藤新平と結びつき,台湾の砂糖・樟脳(しょうのう)の取扱いで成功,日露戦争・第1次大戦などに積極的投機経営で大をなし,傘下(さんか)に60余の事業会社をもつに至った。
→関連項目帝人事件若槻礼次郎内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すずきしょうてん【鈴木商店】

第2次大戦前に存在した大商社。1874年ごろに鈴木岩治郎が神戸で創業した砂糖商に始まるが,その発展は94年の岩治郎の死後,番頭の金子直吉,柳田富士松によってもたらされた。日本の台湾領有後,鈴木商店台湾総督府民政長官の後藤新平と結びつき,台湾樟脳専売制施行(1899)に際して樟脳油の一手販売権を獲得し,発展の糸口をつかんだ。また1903年には大里(だいり)製糖所を設立し,生産部門への進出を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すずきしょうてん【鈴木商店】

鈴木岩次郎が創立した商事会社。第一次大戦中大いに発展して一大コンツェルンを形成したが、1927年(昭和2)の金融恐慌の中で台湾銀行からの不良融資が政治問題化し倒産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木商店
すずきしょうてん

大正期における総合商社。1874年(明治7)ごろ、神戸の鈴木岩治郎(1841―94)が洋糖引取商として創業。その未亡人よね(1952―1938)と大番頭金子直吉のもとで、植民地台湾領有後、台湾総督府との関係を密接にしつつ、樟脳(しょうのう)、ハッカの取引・製造に進出した。1902年(明治35)合名会社に改組、翌年大里製糖所設立、以後急速に多角化した。神戸製鋼所、日本セルロイド人造絹糸(後の帝人)、台湾塩業、日本製粉、帝国ビールなどを傘下に収め、また1909年日本商業、16年(大正5)帝国汽船設立、播磨(はりま)造船所買収、貿易取引でも17年には年商15億円に達し、三井物産をしのいだ。しかし、米騒動で焼打ちにあい、1920年恐慌以後は投機的経営方針が逆に損失を招き、傘下事業の業績悪化と、関東大震災の打撃で台湾銀行への依存を深めた。1924年商社鈴木商店(株)を分離して鈴木合名を持株会社化、当時、直系会社29社、関係会社60社以上といわれる一大コンツェルンであった。1926年日本製粉の経営悪化から台銀との癒着をさらに強め、27年(昭和2)震災手形の処理をめぐって台銀、鈴木の関係が暴露されると、資金に詰まった台銀が鈴木への貸付金引揚げを決定したため、4月2日鈴木商店は倒産。その営業は日本商業に引き継がれ、後の日商岩井(現双日(そうじつ))の前身をなす。[田付茉莉子]
『桂芳男著『総合商社の源流・鈴木商店』(日経新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鈴木商店の言及

【台湾銀行】より

…第1次大戦以前は業務の主体は台湾にあったが,大戦期には内地の貸出しを増加させ,16年には内地貸出額が台湾島内貸出額を凌駕するに至った。内地での貸出しの中心は大戦期に急成長した鈴木商店およびその傘下事業への融資である。そのため,20年恐慌後に鈴木商店が経営悪化するにともない,台銀の不良貸しも累積した。…

※「鈴木商店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴木商店の関連キーワード総同盟アバンゲール外地戦前戦前派大迫〈町〉須恵〈村〉エコール・ド・パリ九大商社第2次大戦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木商店の関連情報