日本の中の朝鮮文化(読み)ニホンノナカノチョウセンブンカ

デジタル大辞泉「日本の中の朝鮮文化」の解説

にほんのなかのちょうせんぶんか〔ニホンのなかのテウセンブンクワ〕【日本の中の朝鮮文化】

金達寿による評論。昭和45年(1970)から平成3年(1991)にかけて全12冊を刊行。日本各地の史跡を歴訪し、古代朝鮮からの渡来人が日本文化に与えた影響を考察する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android