コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本スケート連盟

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本スケート連盟

フィギュア、スピードスケート、ショートトラックの普及・振興を目的として設立。04年度は国などから強化費として約1億6千万円の補助金を受けた。毎年、全日本選手権NHK杯国際フィギュアなどの大会を開催するほか、海外大会への選手派遣や国内外で強化合宿を行っている。久永元会長は98〜02年、国際スケート連盟副会長を兼任し国際フィギュア部門最高責任者だった。城田部長は98年長野、02年ソルトレーク、06年トリノ各五輪で日本選手団フィギュア監督。

(2006-03-12 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の日本スケート連盟の言及

【アイスホッケー】より

…戦後実業団が台頭するまでは,学生選手を中心に発達した。29年には日本スケート連盟(当時は大日本スケート競技連盟)が創設され,30年から全日本選手権が行われるようになった。国際舞台への初登場も,30年単独でヨーロッパ遠征した満州医大チームであった。…

【スケート】より

…日本スケート会は26年に国際スケート連盟に加盟,29年には大日本スケート競技連盟を結成した。これが現在の社団法人日本スケート連盟National Skating Union of Japan(NSUJ)である。結成の翌30年第1回全日本選手権大会を青森県八戸と日光で開催した。…

※「日本スケート連盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本スケート連盟の関連情報