コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本体育学会 にほんたいいくがっかい

2件 の用語解説(日本体育学会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本体育学会
にほんたいいくがっかい

「体育に関するあらゆる科学的研究をなし,体育学の発達をはかり,体育の実践に寄与する」ことを目的として 1950年に発足した学会。地域における研究組織として支部をおく。研究組織には体育原理,体育史,体育社会学体育心理学運動生理学バイオメカニクス,体育管理,発育発達,測定評価,体育方法,保健の 11専門分科会がある。毎年1回大会を開催するほか機関誌『体育学研究』を刊行している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本体育学会の関連情報