日本体育学会(読み)にほんたいいくがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

「体育に関するあらゆる科学的研究をなし,体育学の発達をはかり,体育の実践に寄与する」ことを目的として 1950年に発足した学会。地域における研究組織として支部をおく。研究組織には体育原理,体育史,体育社会学体育心理学,運動生理学,バイオメカニクス,体育管理,発育発達,測定評価,体育方法,保健の 11専門分科会がある。毎年1回大会を開催するほか機関誌『体育学研究』を刊行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences」。体育学の進歩普及を図る。事務所所在地は東京都渋谷区。一般社団法人。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本体育学会の関連情報