コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本体育学会 にほんたいいくがっかい

2件 の用語解説(日本体育学会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本体育学会
にほんたいいくがっかい

「体育に関するあらゆる科学的研究をなし,体育学の発達をはかり,体育の実践に寄与する」ことを目的として 1950年に発足した学会。地域における研究組織として支部をおく。研究組織には体育原理,体育史,体育社会学体育心理学運動生理学バイオメカニクス,体育管理,発育発達,測定評価,体育方法,保健の 11専門分科会がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

日本体育学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences」。体育学の進歩普及を図る。事務所所在地は東京都渋谷区一般社団法人

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本体育学会の関連キーワード芸術学国立国語研究所あらゆる有りと有らゆるUNSCEAR大阪体育学会九州体育・スポーツ学会東京体育学会食品科学女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本体育学会の関連情報