コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本体育学会 にほんたいいくがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本体育学会
にほんたいいくがっかい

「体育に関するあらゆる科学的研究をなし,体育学の発達をはかり,体育の実践に寄与する」ことを目的として 1950年に発足した学会。地域における研究組織として支部をおく。研究組織には体育原理,体育史,体育社会学体育心理学,運動生理学,バイオメカニクス,体育管理,発育発達,測定評価,体育方法,保健の 11専門分科会がある。毎年1回大会を開催するほか機関誌『体育学研究』を刊行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

日本体育学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences」。体育学の進歩普及を図る。事務所所在地は東京都渋谷区。一般社団法人。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本体育学会の関連キーワード国際保健体育・レクリエーション・スポーツ・ダンス学会日本のおもな学会・協会アダプテッド・スポーツスポーツ心理学障害者スポーツ国際体育学会ハンドボール湿球黒球温度加藤 橘夫前川 峯雄岸野 雄三松井 三雄加藤橘夫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本体育学会の関連情報