コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体育心理学 たいいくしんりがくpsychology of physical education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体育心理学
たいいくしんりがく
psychology of physical education

体育・スポーツに参加する人および集団を心理学的に研究し,体育・スポーツの実施,指導に役立てようとする体育学の基礎的研究分野の一つ。方法的には一般心理学社会心理学教育心理学の諸法則や原理が応用され,(1) 性,年齢に応じた運動技能の配列,(2) 運動技能の学習過程の分析,(3) 生理的,身体的変化が運動実施に与える心理的影響などの諸問題が追究される。また,身体,技能,素質,適性などの検査を通じて運動能力の向上を調査する一方,社会性,人間関係,健康習慣なども問題とされる。近年のトレーニングにおいてはイメージ・トレーニングの手法であるメンタル・マネジメントが導入され,ソウル・オリンピック競技大会には日本代表強化選手に強化スタッフとしてカウンセラーが配置された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone