コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本国内特許

産学連携キーワード辞典の解説

日本国内特許

「日本国内特許」とは日本国内で特許庁出願し、方式審査実体審査を通過した後に権利化された発明のこと。日本は先願主義(先に出願した者の発明が優先される)を採用しており、その発明は出願日から最長20年間実施権を独占できる。出願には願書明細書、図面、要約書の書類が必要となる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android