コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本国政府専用機 にほんこくせいふせんようき

1件 の用語解説(日本国政府専用機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

日本国政府専用機

日本要人の輸送や在外邦人の救援輸送などのために用いられる航空機であり、航空自衛隊千歳基地に所属する自衛隊機。日本政府が所有・運行し、防衛省・航空自衛隊が管理・運用を行なっている。1991年に「ハイテクジャンボ」と呼ばれるボーイング747-400」2機が政府専用機として日本で初めて導入され、2018年頃まで運用される予定となっている。外見上は、両主翼中央と垂直尾翼の左右両面に大きく国旗を模した赤丸が描かれていることが目立ち、内装は貴賓室、夫人室、秘書官室、会議室などの特別仕様がなされている。13年1月16日に発生した「アルジェリア人質事件」で、初めて在外邦人の緊急輸送に使用された。

(2013-1-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本国政府専用機の関連キーワード空輸航空輸送正貨輸送旅客機シーエア輸送アンチポート単輸送ヒスチジン輸送障害ペプチド輸送在外邦人

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone