垂直尾翼(読み)スイチョクビヨク

百科事典マイペディアの解説

飛行機の方向安定と操縦のために尾部に取り付けられる垂直の小翼。固定された部分(垂直安定板)とヒンジ(蝶番)によって可動の操縦面(方向舵(だ))からなり,船の(かじ)と同様に働く。→水平尾翼
→関連項目飛行機尾翼

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

飛行機の尾部に垂直に取り付けられた翼。通常、垂直安定板と方向舵から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 飛行機の尾部に垂直に取り付けられた翼。固定部分の垂直安定板、可動部分の方向舵(だ)、トリムタブからなる。横方向の安定をはかり、機体の横方向の操縦性を与える。
※吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉九「夕日に染まって垂直尾翼が紅色に燃えていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の垂直尾翼の言及

【飛行機】より

… 方向舵は垂直安定板の後縁にヒンジづけされている。操縦席の左のペダルを踏むと,方向舵後縁が左に動き,垂直尾翼に右向きの力を生ずるので,機首を左に向けようとするモーメントが生ずる(図5-e)。また右のペダルを踏めば機首は右に向く(図5-f)。…

【翼】より

…単に翼といえばこの主翼を指す。尾翼tail unitは機の尾部にあって,機のつりあいと安定を保つのがおもな目的で,機の縦(前後傾斜)のつりあいと安定を保つ水平尾翼horizontal tailと,機の方向の安定を保つ垂直尾翼vertical tailをもつのが一般であるが,両者を兼ねたV尾翼をもつ航空機もある(図6-a)。 翼は機の重心より後ろに取りつけると風見と同様に働き,機がゆれて重心を中心に回転したとき,それをもとにもどそうとする安定作用をする。…

※「垂直尾翼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

垂直尾翼の関連情報