コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本大家論集 にほんたいかろんしゅう

1件 の用語解説(日本大家論集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんたいかろんしゅう【日本大家論集】

博文館が創業にあたり,1887年6月に発行した論集。第1編は,菊判80ページ,定価10銭。各種の学術雑誌に発表された論文のなかから優れたものを選び,中村正直加藤弘之,坪内雄蔵(逍遥)らの論文17編を収める。この方式は,欧米の〈集録雑誌(アンソロジー)〉にならったもので,〈諸大家の名論卓説〉を1冊に網羅したことから評判になり,1ヵ月に4回の増刷を重ねるほど売行きがよく1万数千部に及んだ。第2編から月刊で発行したが,第1,第2編とも無断転載のため物議をかもし,その後は自主企画で発行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の日本大家論集の言及

【大橋佐平】より

…86年に新聞の経営を長男新太郎に託して上京。87年に博文館を創業し,各種の雑誌からこれと思われる論説を無断転載した《日本大家論集》を創刊した。無断集録に対する非難の声が続出したが,編集内容が評判になり第2編から月刊で発行。…

※「日本大家論集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大家論集の関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩卸売物価指数改良服国民之友保安条例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone