増刷(読み)ぞうさつ

精選版 日本国語大辞典「増刷」の解説

ぞう‐さつ【増刷】

〘名〙 書物の発行部数が不足したとき、さらに追加して印刷すること。また、その印刷物。ましずり。増版。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座繁昌記「評議の末に増刷は罷成らぬが残本は寛大(おほめ)に見ると許された」

まし‐ずり【増刷】

〘名〙 書物などの発行部数が不足した時、追加して印刷すること。また、その印刷物。おいずり。ぞうさつ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版「増刷」の解説

増刷

社が,すでに刊行されているものと同じ印原版を用いて追加して印刷すること.ましずりおいずりともいう.目録上では原則として版表示には記載しない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

デジタル大辞泉「増刷」の解説

ぞう‐さつ【増刷】

[名](スル)追加して印刷すること。また、その印刷物。ましずり。「3000部の増刷が決定する」「日銀が紙幣を増刷する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android