コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本染料製造 にっぽんせんりょうせいぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本染料製造
にっぽんせんりょうせいぞう

1916年に染料医薬品製造奨励法(1915)の意図に則して設立された染料製造会社。染料医薬品製造奨励法は,そのほとんどをドイツからの輸入に頼っていた染料供給の道を第1次世界大戦の勃発によって断たれたため,自給自足の必要に迫られて公布された。政府は同法に基づき,会社設立後 10年間にわたって年 8分の配当を保証し,その後も引き続いて保護したため,日本最大の染料製造会社に発展した。1944年住友化学工業に合併された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の日本染料製造の言及

【染料】より

… 1914年,与田銀治郎が岡山県児島郡琴浦町に与田銀染料製造所(現,住友化学工業岡山工場)を設立し,硫化ブラックの工業化に着手し,福岡県大牟田市にあった三井鉱山三池焦煤製造所(現,三井東圧化学大牟田工業所)ではアリザリンレッドの工業化に成功している。15年には〈染料医薬品製造奨励法〉が公布され,16年に設立された半官半民の日本染料製造(1944年住友化学工業と合併)をはじめ多くの染料製造会社が設立された。この結果,染料の生産もドイツからの輸入に頼っていた1914年まではまったくなかったのが,15年には362tが生産され,18年には5000tに達した。…

※「日本染料製造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本染料製造の関連キーワード住友化学工業[株]住友化学(株)三好 久太郎合成化学工業三好久太郎タール工業稲畑勝太郎染料工業片岡直輝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android