コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本語学会 にほんごがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本語学会
にほんごがっかい

国語研究の進展と研究者相互の連絡協力をはかることを目指し 1944年3月に国語学会として結成された組織。1946年から講演会を開き,1948年からは雑誌『国語学』を発行し,1975年には第100集を迎えた。橋本進吉を初代会長とする,国語学の分野における最大の全国的な規模の学会である。学会の事業の一つとして,『国語の歴史』(1948),『国語学辞典』(1955),『方言学概説』(1962),『国語学大辞典』(1980)などを発行している。2004年に日本語学会と改称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本語学会の関連キーワード日本のおもな学会・協会

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本語学会の関連情報