コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋本進吉 はしもとしんきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋本進吉
はしもとしんきち

[生]1882.12.24. 敦賀
[没]1945.1.30. 東京
国語学者。 1906年東京帝国大学言語学科卒業。 09年から 18年間同大学国語研究室の助手をつとめ,27年助教授,29年教授。 34年文学博士。 43年定年退官。国語学会初代会長。厳密な学風で知られ,精緻な文献批判に基づく国語学を築き上げた。その中心は国語の音韻史と文法研究にある。上代特殊仮名遣を解明して上代語,上代文学の研究に大きな恩恵を与え,この奈良時代の音韻体系,キリシタン教義の研究により明らかにした室町時代末期の音韻体系および現代語の音韻体系の3つを柱にして音韻史を記述した。文法研究では文節論を基礎にした形式中心の文法体系を打立てた。主著『古本節用集の研究』 (1916,上田万年共著) ,『校本万葉集』 (25冊,24~25,増補普及版 10冊,31~32,佐佐木信綱らと共編) ,『文禄元年天草版吉利支丹教義の研究』 (28) 。ほかに古文献の複製や学会の発展にも力を入れた。『橋本進吉著作集』 (10巻,50~83) が刊行されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はしもと‐しんきち【橋本進吉】

[1882~1945]国語学者。福井の生まれ。日本語の歴史的研究に力をそそぎ、音韻史の分野では上代特殊仮名遣いを解明。また、室町時代末の音韻体系をキリシタン資料によって再構した。文法研究の分野では「文節」の概念を理論化し、その文法論は学校文法に採用され、影響力はきわめて大きい。著「国語学概論」「古代国語の音韻について」「吉利支丹教義の研究」「新文典別記」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

橋本進吉【はしもとしんきち】

国語学者。福井県生れ。東大言語学科卒。音韻史と文法論の研究に大きな業績を残した。特に上代特殊仮名遣いの解明と,天草版《どちりなきりしたん》による室町末から江戸初期の音韻組織の研究が著名。
→関連項目仮字遣奥山路国語学久松潜一品詞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋本進吉 はしもと-しんきち

1882-1945 大正-昭和時代前期の国語学者。
明治15年12月24日生まれ。昭和4年東京帝大教授。上代特殊仮名遣いを解明。文法理論(橋本文法)は学校文法の中心となった。国語学会初代会長。昭和20年1月30日死去。64歳。福井県出身。東京帝大卒。著作に「国語音韻の研究」「新文典別記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はしもとしんきち【橋本進吉】

1882‐1945(明治15‐昭和20)
国語学者。福井県敦賀(つるが)市に生まれ,1906年東京帝国大学文科大学言語学科を卒業。同大学助手,助教授を経て,29年教授,上田万年(かずとし)のあとをついで国語学科の主任教授となり,43年に定年退官。国語学会初代会長を務めた。日本語の歴史と文法の研究に大きな業績を残したが,最も著しいものは音韻史の研究で,いわゆる〈上代特殊仮名遣い〉を解明し,上代語研究に大きく貢献した。また,天草版《どちりなきりしたん》によって室町時代末,江戸時代初めの音韻組織の再建を試みた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はしもとしんきち【橋本進吉】

1882~1945) 国語学者。福井県生まれ。東京帝大教授。国語の歴史的研究、なかでも上代特殊仮名遣いの研究など、音韻史に関する功績が大きい。また、国文法研究にも新生面を開いた。著「古本節用集の研究」(上田万年と共著)、「国語法研究」「文字及び仮名遣の研究」「国語音韻の研究」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋本進吉
はしもとしんきち
(1882―1945)

国語学者。福井県敦賀(つるが)市に生まれる。代々の医家であったが、5歳にして父を失った。第三高等学校を経て、1906年(明治39)東京帝国大学文科大学言語学科を卒業、国語調査委員会補助委員となる。09年東京帝国大学文科大学助手に任ぜられ、27年(昭和2)助教授、2年後教授となる。34年「文禄(ぶんろく)元年天草版吉利支丹(キリシタン)教義の用語について」によって文学博士の学位を授与された。43年定年退官、翌年国語学会発足と同時に初代会長となる。その研究は国語学のほとんどの領域に及ぶ。卒業論文では係り結びをテーマにし、文法研究をもって学者としての道を歩み出した。その文法理論は、中等学校の文法教科書として著された『新文典初年級用』(1931)によって世に橋本文法として知られる。意味と音声形式の両面から規定された文節という文法上の単位は、理解が容易であり、その整然たる文法体系は教育界に歓迎された。ただ、教科書という制約上、橋本自身の学説と同一ではない。その文法学説は『国語法要説』(1934)などに示されている。また、日本語の歴史的研究にも多くの業績を残したが、なかでも音韻史が著しい。いわゆる上代特殊仮名遣いの研究は、奈良時代の音韻だけでなく、文法、語義などの研究をも飛躍的に進歩させた。さらに、キリシタン資料における日本語ローマ字表記によって、1600年ごろの音韻体系を明らかにし、悉曇(しったん)、韻学の研究成果を踏まえて、日本語の音韻史を記述することに力を注いだ(『国語音韻の研究』『国語音韻史』『上代語の研究』など)。『校本万葉集』(共編)、『古本節用集の研究』(共著)にその一端がうかがわれるように、厳密な文献批判に基づき、慎重かつ徹底した研究態度によって公にされた論述は精緻(せいち)を極める。著書、論文、講義案はほぼ著作集に収められている。[沖森卓也]
『『橋本進吉著作集』全12巻(1946~83・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の橋本進吉の言及

【仮字遣奥山路】より

…また当時は本文批判,文法,方言の研究が進んでいなかったので誤りも少なくない。しかし明治時代末期に,橋本進吉が別途に同一の事実を明らかにしてのち,本書の真価を知り世に紹介して一躍国語学界の注目を集め,古代日本語の音韻を知るうえに重要な書物とされるようになって,新しい古代日本語研究の道を開く端緒となった。《日本古典全集》に収められている。…

【国語学】より

…ただし,竜麿自身の述べるところにも不備はあったのであって,部分的には,それが人の理解をはばんだということもある。竜麿が得たところの結果の真の価値を,新しい時代の学問のまなこをもって発見し,その埋もれた功績を顕彰したのは,後に述べる橋本進吉である。 国学の時代において,前代に引きつづいて,第1に仮名遣いの問題が展開されたのは,一面,国学者たち自身の実践上の要求が,まず,何に強く向けられたかを示すものである。…

【シンタクス】より

…こうした観点の深まりとともに新たな研究課題も次々と浮かび上がり,いわばその奥深さへの認識をしだいに深めながら,今日も各言語および言語一般に関するシンタクスの研究は,主としてこの生成文法理論に拠って盛んに行われている。 日本語については,やはり最近はこの新理論による研究が徐々に進みつつあるが,このほか,これ以前から橋本進吉時枝誠記ら国語学者によるシンタクスの基礎的研究も少しずつ行われてきた。〈文節〉相互の切れ続きに基づく橋本の堅実な研究は現在も学校の国語教育における〈文の構造〉の教授内容の基盤となっており,また,人間の心理的過程に即して文を説こうとする時枝の構想の継承発展をめざす研究者も少なくない。…

【品詞】より

…助詞),感動詞で,意味上の別とともに用法も考慮されている。その後,山田孝雄(よしお),岡沢鉦治(しようじ),松下大三郎,安田喜代門,時枝誠記(ときえだもとき)その他によってそれぞれ独自の分類が試みられたが,大槻文法に代わって現に学校文典の主流をなすのは,橋本進吉の説に基づく文部省編《中等文法》(1943)の〈10品詞〉の系統である。橋本のは,種類としては大槻の8種に松下の副体詞を加えた9品詞(後にさらに形容動詞を加えた)であって,目新しいものではないが,その分類の手順を,語義によらずに外形を手がかりとし,もっぱら機能によって明らかにしたところに特色がある。…

【文節】より

…このように文節・連文節は単語と文との中間の言語単位と位置づけられ,ヨーロッパ諸言語の文法などにいう〈〉に近い。文節・連文節という概念は橋本進吉の提唱によるもので,橋本はこの両概念をもとにシンタクス(文の構造)の基礎的な研究にも及んでいる。たとえば,上文の構造は,のように,文節(各下線)と連文節(各[ ])に基づいて把握できるというわけである。…

※「橋本進吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橋本進吉の関連キーワード詞(日本語文法)辞(日本語文法)仮名遣奥山路岩淵 悦太郎橋本 進吉日本語学会上田 万年形容動詞東条 操石塚龍麿山田孝雄時枝誠記有坂秀世助動詞自立語新生面詞と辞付属語口語法大野晋

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android