日焼(読み)ひやけ

精選版 日本国語大辞典「日焼」の解説

ひ‐やけ【日焼】

〘名〙
① ひでりのために、池・田・川などの水がかれること。また、草木などの枯れること。
※俳諧・竹馬狂吟集(1499)六「水なすびさへひやけするなり かもうりに何とてのなかるらん」
日光を受けて、皮膚が黒っぽくなったり炎症を起こしたりした状態。ひぐろみ。《季・夏》
※狭衣下紐(1590)三「雪焼けを。湯にて御養性也。俗に日やけと云心なるべし」
③ 日にあたって色があせること。日の光で変色すること。
(1911)〈徳田秋声〉二八「ネル単衣の、のあたりがもう日焼のしたのが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android