日焼(読み)ひやけ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐やけ【日焼】

〘名〙
① ひでりのために、池・田・川などの水がかれること。また、草木などの枯れること。
※俳諧・竹馬狂吟集(1499)六「水なすびさへひやけするなり かもうりに何とて羽のなかるらん」
② 日光を受けて、皮膚が黒っぽくなったり炎症を起こしたりした状態。ひぐろみ。《季・夏》
※狭衣下紐(1590)三「雪焼けを。湯にて御養性也。俗に日やけと云心なるべし」
③ 日にあたって色があせること。日の光で変色すること。
※黴(1911)〈徳田秋声〉二八「ネルの単衣の、肩のあたりがもう日焼のしたのが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android