コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪焼け ユキヤケ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐やけ【雪焼け】

[名](スル)
雪に反射した太陽光線で皮膚が黒くなること。 冬》
霜焼け

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきやけ【雪焼け】

( 名 ) スル
雪に反射した日光のために、皮膚が黒くやけること。 [季] 冬。 「 -した顔」
「しもやけ」の日本海側の地方での表現。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪焼け
ゆきやけ

一般には次の二つの意味に使われる。一つは、積雪に日光が強く反射して日光光線中の紫外線が皮膚に作用し、日焼けをおこした場合をいう。普通はこれをさす場合が多い。他の一つは、雪の寒冷によって皮膚が赤く腫(は)れる凍瘡(とうそう)(しもやけ)および凍傷をさすこともある。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雪焼けの関連キーワードしもやけ真っ黒美容

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪焼けの関連情報