雪焼け(読み)ユキヤケ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪焼け
ゆきやけ

一般には次の二つの意味に使われる。一つは、積雪に日光が強く反射して日光光線中の紫外線が皮膚に作用し、日焼けをおこした場合をいう。普通はこれをさす場合が多い。他の一つは、雪の寒冷によって皮膚が赤く腫(は)れる凍瘡(とうそう)(しもやけ)および凍傷をさすこともある。

[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android