コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日置道形 へきの みちかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日置道形 へきの-みちかた

?-? 奈良時代の官吏。
伊勢介(いせのすけ)に在任中の天平神護(てんぴょうじんご)3年(767),守(かみ)の阿倍東人(あべの-あずまひと)らと外宮(げくう)上にあらわれた五色の瑞雲(ずいうん)を書写して奏進。この祥瑞により神護景雲(けいうん)と改元され,外従五位下にすすむ。宝亀(ほうき)8年栄井宿禰(さかいのすくね)の氏姓をさずかる。主税頭(ちからのかみ),備中(びっちゅうの)守などをへて,延暦(えんりゃく)6年(787)造兵正(ぞうへいのかみ)。名は通形とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日置道形の関連キーワード栄井道形

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android