コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日蓮聖人註画讃 にちれんしょうにんちゅうがさん

世界大百科事典 第2版の解説

にちれんしょうにんちゅうがさん【日蓮聖人註画讃】

日蓮の伝絵,5巻。単に《註画讃》ともいう。日澄(1441‐1510)撰。鎌倉時代以降高僧の伝記絵巻が制作されたが,日蓮の伝絵が制作されたあかしはなく,絵巻物が退潮する15世紀にいたり,その制作をみた。日澄の《註画讃》がそれで,日澄は註画讃(詞書)を起稿したが,絵師や制作年代については原本がないので未詳である。現存本では,1536年(天文5)勧発師安立院日政,画工窪田統泰による京都本圀(ほんこく)寺本が最古で,のちにこれを模写したと考えられるものが5本ある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日蓮聖人註画讃の関連キーワード日蓮上人註画讃

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android