日記帳(読み)ニッキチョウ

デジタル大辞泉の解説

にっき‐ちょう〔‐チヤウ〕【日記帳】

日記を書き記す帳面。
初期の簿記で、日々の取引の概要を発生順に記録した帳簿。現代の簿記では、仕訳帳に記入する小書きがその役目を果たしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にっきちょう【日記帳】

日記を書き記す帳簿。
毎日の取引その他財産関係に影響を及ぼす一切の事項を記載する帳簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にっき‐ちょう ‥チャウ【日記帳】

〘名〙
① 日々のできごとなどを書きしるす帳面
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)九「簿は日記帳ぞ」
簿記で取引の概要を発生順に記録する帳簿。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の日記帳の言及

【会計帳簿】より

…企業が財産と損益の状況を明らかにするため作成する帳簿で,会計事実の原始的記録である日記帳,これを貸方借方に仕訳する仕訳帳およびこれを勘定として整理する元帳などの主要簿とそれらを補充する各種の補助簿がある。すべての商人は会計帳簿を作成し,(1)開業のときおよび毎年1回一定の時期における営業上の財産およびその価額,会社では,成立のときおよび毎決算期における営業上の財産およびその価額,(2)取引その他営業上の財産に影響を及ぼす事項を記載しなければならない(商法33条1項)。…

【帳簿】より

… この場合,帳簿は主要簿のみであり,補助簿は存在しないから,主要簿,補助簿の分類も生じない。もっとも世界最古の複式簿記といわれるイタリア式簿記法では,仕訳帳の記録をする前に,日記帳を原始記入簿として使用した。日記帳の記録は,取引の言葉による叙述にすぎず,勘定科目と貸借記入原則による記録でないので,簿記,会計上の帳簿であるか疑問であるが,仕訳帳に小書きとしてその面影を残すのみで,日記帳そのものを使用しない現在,この議論も消失した。…

※「日記帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日記帳の関連情報