コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早期勧奨退職 ソウキカンショウタイショク

1件 の用語解説(早期勧奨退職の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうきかんしょう‐たいしょく〔サウキクワンシヤウ‐〕【早期勧奨退職】

中央官庁で幹部職に就けなかった官僚に定年前の退職を促す慣行。事務次官を頂点とするピラミッド型の官僚組織を維持するために行われてきたもので、おおむね50歳前後から退職の勧奨が行われる。退職者は各府省が斡旋する特殊法人や民間企業などに再就職するのが通例で、天下りの温床として指摘され、見直し・廃止が検討されている。→官民人材交流センター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早期勧奨退職の関連キーワード中央官制中央官庁中央機関ノンキャリア本省本庁官庁街地方官庁中央行政官庁就ける

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone