コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早材 そうざい

3件 の用語解説(早材の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

そうざい【早材】

春から夏にかけて形成された木部。年輪の粗くやわらかい層にあたるもので、晩材に比べて細胞が大形で細胞壁も薄く、次第に晩材に移行する。春材しゆんざい・はるざい。 ↔ 晩材

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早材
そうざい

木材(木本類の茎における二次木部で、材ともいう)の一成長輪のうち、成長期の初めに形成される部分をいう。この時期の材は形成層の活動が活発なため、針葉樹では細胞壁が薄く直径の大きい仮道管が、また広葉樹の環孔材では太い道管が形成される。なお、環孔材とは、早材と晩材(夏から秋に形成される材)の差が顕著で、横断面で見ると道管が環状に配列する材をいう。したがって早材の部分は淡色で密度が低く、木目は粗い。温帯に生育する樹木では早材が春に形成されるため、この部分を春材(しゅんざい/はるざい)ともよぶ。早材から晩材への移り変わりはさまざまで、針葉樹ではマツ、スギなどで明瞭(めいりょう)であるが、モミやイヌマキなどでは不明瞭となる。一方、広葉樹でみるとクリなどの環孔材では明瞭であるが、ほぼ同じ太さの道管が散在するヤナギなどの散孔材では早材と晩材の区別はつかない。[鈴木三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の早材の言及

【木材】より

…1年の間でも気候の異常などによって生長状態が著しく変わると,正しい年輪のほかに年輪状の組織ができることがあり,これを偽年輪と呼ぶが,完全な円周にならないことが多い。年輪の中で生長の早い春にできる材部を早材(春材)と呼び,細胞の形も大きく細胞膜も薄い。夏以降の生長の遅くなる時期にできた材部を晩材(秋材,夏材)と呼び,細胞の形は小さく細胞膜は厚い。…

※「早材」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone