コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇圧因子 しょうあついんしpressor factors

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇圧因子
しょうあついんし
pressor factors

昇圧物質ともいう。血圧を上昇させる物質。高血圧の原因として最も研究されているのは,腎性昇圧因子レニンアンギオテンシンアルドステロン系である。レニンは,腎血流量の低下,細胞外液の減少,尿細管内のナトリウム濃度低下などの刺激によって,腎臓の糸球体付近から血液中に遊離し,アンギオテンシンが生成される。そして,小動脈の受容体に作用して血圧上昇方向に働く。一方,副腎皮質を刺激してアルドステロンの分泌を促進し,腎臓からの塩と水の排出を減少させる。この系の亢進が発病に関係するものに,悪性高血圧腎血管性高血圧,レニン分泌腫瘍による高血圧がある。腎外性昇圧因子としては副腎髄質から分泌されるカテコールアミンで,これが過量に分泌されるのはクロム親和細胞腫の場合である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone