昇華型プリンタ(読み)しようかかたふりんた,しょうかがたぷりんた

カメラマン写真用語辞典の解説

昇華型プリンタ

 熱転写式プリンターの一種。固形インクを塗布したインクリボンに印字ヘッドで熱を加えて(リボンに直接熱材を当てない)インクを昇華させ(固体が液体の状態を経ずに気体になる)、樹脂(ポリエステル系)でコーティングされた専用紙にインクを付着させる方式。昇華型のドットは銀塩写真のように濃淡の階調がある(1色あたり256階調)。インクジェット方式に比べて dpi が少なくても解像感の高いプリントがえられる。 A3ノビ対応の昇華型プリンターは、家庭用では珍しい。写真はオリンパスのP-400

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

昇華型プリンタ

熱転写型プリンタの一種で、フィルムに塗られたインクのカプセルを熱で溶かして蒸発(正しくは「昇華」)させて紙に転写します。蒸発させるインクの量で微妙な濃淡を表現することができるので、普通の熱転写型プリンタより自然な発色が得られます。印刷1枚当たりのコストが高いのが難点ですが、デジタルカメラの画像を印刷するプリンタとしては人気があります。
⇨プリンタ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android