コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明・清 さや

大辞林 第三版の解説

さや【明・清】

( 副 )
(多く「に」を伴って)
あざやかなさま。はっきりしているさま。 「背なのが袖も-に振らしつ/万葉集 3402
清らかなさま。さっぱりしているさま。 「菅畳すがだたみいや-敷きて我が二人寝し/古事記
あたりの静けさを破って音がひびくさま。木の葉などがざわめくさま。さらさらと。ざわざわと。 「笹の葉はみ山も-にさやげども/万葉集 133

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

明・清の関連キーワード文淵閣・文渕閣殿閣大学士白話小説立原杏所大西圭斎高久靄厓石人石獣山本東渓漕運総督青木正児魚鱗図冊万葉集大学士居庸関百六韻八股文給事中御史台御冠船仙盞瓶

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明・清の関連情報