コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦原 あわら

5件 の用語解説(芦原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芦原
あわら

福井県北部,福井平野加越台地にまたがる旧町域。1889年近隣の 11村が合体して芦原村発足。1935年町制施行。1955年北潟村,本荘村と合体。2004年金津町と合体してあわら市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あわら〔あはら〕

福井県北端の市。平成16年(2004)芦原(あわら)町、金津(かなづ)町が合併して成立。吉崎御坊(よしざきごぼう)芦原温泉など観光資源に恵まれている。人口3.0万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あしはら【芦原】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦原
あわら

福井県北端、坂井郡にあった旧町名(芦原町(ちょう))。現在は、あわら市の西部を占める一地区。1935年(昭和10)町制施行。1955年(昭和30)本荘(ほんじょう)、北潟(きたがた)村と合併。2004年(平成16)金津(かなづ)町と合併、あわら市となる。旧芦原町は、北部は加越(かえつ)台地で、そのなかに北潟湖があり、南部は坂井平野が開け、中央部を東から西に竹田川が貫流している。芦原温泉の温泉街を中心に発展した町で、1883年(明治16)に現在の温泉街の南西にあたる堀江十楽(じゅうらく)の、俗に念仏田とよんでいる土地で、農民が灌漑(かんがい)用の掘抜き井戸を掘ったところ、塩分を含んだ微温湯が湧出(ゆうしゅつ)、翌1884年周辺の試掘により高温度の温泉が噴出し、現在の温泉の基礎となった。
 1911年(明治44)国鉄三国線(1972年廃線)が開通し、1928年(昭和3)京福電鉄(現、えちぜん鉄道)三国芦原線が開通したことにより、温泉街は急速に発展した。国道305号が通じる。旧北潟村地区は縄文時代以来、旧本荘村地区は弥生(やよい)中期以来の歴史をもち、とくに旧本荘村地区は興福(こうふく)寺領河口庄(しょう)の中心地であった。基幹産業である農業をみると、北部の加越台地では国営総合開発事業が行われ、県内有数の野菜産地となっている。一方、南部の坂井平野では県営による圃場(ほじょう)整備事業が急速に進められている。北部は風光に優れ、越前(えちぜん)加賀海岸国定公園の一部をなし、芦原海水浴場、芦原ゴルフ場などがあり、芦原温泉を核とする健康的なレジャーゾーンとして脚光を浴びている。[印牧邦雄]
『『芦原町史』(1973・芦原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦原の関連キーワード足羽川福井空港芦原[町]金津[町]芦原〈町〉福井県福井市板垣金津〈町〉坂井〈町〉春江〈町〉松岡〈町〉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芦原の関連情報