コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明和五匁銀 めいわごもんめぎん

1件 の用語解説(明和五匁銀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めいわごもんめぎん【明和五匁銀】

1765年(明和2)9月発行の江戸幕府最初の定位銀貨。幕府貨幣の銀貨は丁銀(ちようぎん)・豆板銀(まめいたぎん)を主体とし,これらは秤量貨幣であったが,1枚で5匁の量目をもつこの定位銀貨が造られ,2年後の67年からは五匁銀12枚をもって金1両通用と規定された。これは佐渡新印銀を手本として鋳造され,金遣い(きんつかい)の江戸では金貨代り通用の銀貨とされ,また地方では銭貨代りの銀貨と見られた。この新しい定位銀貨は両替屋仲間であまり好評ではなかったが,これに続いて発行された明和南鐐(なんりよう)二朱銀になると,定位銀貨に対する認識も深まり,その流通状態は好転するに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

明和五匁銀の関連キーワード中野碩翁過疎現象と市区町村合併自伝自伝文学ロマンス医学館蜘蛛の糸懺悔録十返舎一九事物紀原

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone