コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南鐐二朱銀 なんりょうにしゅぎん

百科事典マイペディアの解説

南鐐二朱銀【なんりょうにしゅぎん】

江戸時代の貨幣。元来,〈南鐐〉は銀の美しいものをいう。明和9年(1772年)発行明和二朱銀と,文政7年(1824年)発行の文政二朱銀の総称。二朱銀は銀1両の8分の1。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんりょうにしゅぎん【南鐐二朱銀】

江戸時代の貨幣。1772年(明和9。同年11月安永と改元)9月に発行の明和二朱銀と,1824年(文政7)2月発行の文政二朱銀とを総称していう。〈南鐐〉は良質の銀を意味しており,江戸時代の南鐐銀貨には上記の2種類のほか文政南鐐一朱銀(1829発行)がある。江戸時代の主要な銀貨は秤量貨幣で,定位貨幣の金貨とは異なるが,南鐐二朱銀は定位貨幣で二朱銀の表面に〈以南鐐八片換小判一両〉と明示され,二朱銀8枚が1両に相当した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南鐐二朱銀
なんりょうにしゅぎん

二朱銀」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

南鐐二朱銀の関連キーワード江戸時代(年表)文政金銀

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android