コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南鐐二朱銀 なんりょうにしゅぎん

3件 の用語解説(南鐐二朱銀の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

南鐐二朱銀【なんりょうにしゅぎん】

江戸時代の貨幣。元来,〈南鐐〉は銀の美しいものをいう。明和9年(1772年)発行の明和二朱銀と,文政7年(1824年)発行の文政二朱銀の総称。二朱銀は銀1両の8分の1。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんりょうにしゅぎん【南鐐二朱銀】

江戸時代の貨幣。1772年(明和9。同年11月安永と改元)9月に発行の明和二朱銀と,1824年(文政7)2月発行の文政二朱銀とを総称していう。〈南鐐〉は良質の銀を意味しており,江戸時代の南鐐銀貨には上記の2種類のほか文政南鐐一朱銀(1829発行)がある。江戸時代の主要な銀貨は秤量貨幣で,定位貨幣の金貨とは異なるが,南鐐二朱銀は定位貨幣で二朱銀の表面に〈以南鐐八片換小判一両〉と明示され,二朱銀8枚が1両に相当した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南鐐二朱銀
なんりょうにしゅぎん

二朱銀」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南鐐二朱銀の関連キーワード安永芥子金三貨八文字屋称量貨幣有馬允純井上正広川井久敬貞行親王渡辺信綱

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone