コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金遣い カネヅカイ

3件 の用語解説(金遣いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かね‐づかい〔‐づかひ〕【金遣い】

金銭のつかい方。金銭をつかう程度。「金遣いが荒い」
金銭を浪費すること。また、その人。
「―を始めたので早速離縁した」〈蘆花思出の記

きん‐づかい〔‐づかひ〕【金遣い】

江戸時代、商品の価格を金貨の単位()で表し、金貨を本位に商取引をしたこと。江戸を中心に行われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かねづかい【金遣い】

金銭の使い方。金銭を使う程度。 「 -が荒い」
金銭を浪費すること。また、その人。 「 -を始めたので早速離縁した事/思出の記 蘆花

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金遣いの言及

【丁銀】より

…慶長丁銀についで元禄丁銀(1695鋳造),宝永二ッ宝丁銀(1706),宝永三ッ宝丁銀(1710),宝永四ッ宝丁銀(1711),正徳享保丁銀(1714),元文丁銀(1736),文政丁銀(1818),天保丁銀(1837),安政丁銀(1859)が造られた。江戸時代には関東の金遣い,関西の銀遣いの慣行が見られ,丁銀,豆板銀は主として関西地方において流通した。丁銀,豆板銀は取引のつど秤量しなければならなかったので,その不便を取り除くために包銀の慣行があった。…

【両替】より

…だいたい地主,商人,豪農,寺社,網元などが多く担当した。ところで,江戸時代には三貨流通をもとに,関東の金建て(金遣い(きんつかい))経済圏,関西の銀建て(銀遣い)経済圏が成立した。しかしその基礎である金貨,銀貨は江戸期全般にわたってたび重なる改鋳を受けた。…

※「金遣い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金遣いの関連キーワード金面金箱金力散財太刀遣い使い先金銭債務金銭登録器遣ひ帳小田事

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金遣いの関連情報