金遣い(読み)カネヅカイ

デジタル大辞泉の解説

かね‐づかい〔‐づかひ〕【金遣い】

金銭のつかい方。金銭をつかう程度。「金遣いが荒い」
金銭を浪費すること。また、その人。
「―を始めたので早速離縁した」〈蘆花思出の記

きん‐づかい〔‐づかひ〕【金遣い】

江戸時代、商品の価格を金貨の単位()で表し、金貨を本位商取引をしたこと。江戸を中心に行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねづかい【金遣い】

金銭の使い方。金銭を使う程度。 「 -が荒い」
金銭を浪費すること。また、その人。 「 -を始めたので早速離縁した事/思出の記 蘆花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金遣いの言及

【丁銀】より

…慶長丁銀についで元禄丁銀(1695鋳造),宝永二ッ宝丁銀(1706),宝永三ッ宝丁銀(1710),宝永四ッ宝丁銀(1711),正徳享保丁銀(1714),元文丁銀(1736),文政丁銀(1818),天保丁銀(1837),安政丁銀(1859)が造られた。江戸時代には関東の金遣い,関西の銀遣いの慣行が見られ,丁銀,豆板銀は主として関西地方において流通した。丁銀,豆板銀は取引のつど秤量しなければならなかったので,その不便を取り除くために包銀の慣行があった。…

【両替】より

…だいたい地主,商人,豪農,寺社,網元などが多く担当した。ところで,江戸時代には三貨流通をもとに,関東の金建て(金遣い(きんつかい))経済圏,関西の銀建て(銀遣い)経済圏が成立した。しかしその基礎である金貨,銀貨は江戸期全般にわたってたび重なる改鋳を受けた。…

※「金遣い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金遣いの関連情報