コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治神宮野球大会 メイジジングウヤキュウタイカイ

2件 の用語解説(明治神宮野球大会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいじじんぐう‐やきゅうたいかい〔メイヂジングウヤキウタイクワイ〕【明治神宮野球大会】

毎年11月に神宮球場行われる、学生野球のトーナメント大会。主催は明治神宮日本学生野球協会。高校の部と大学の部がある。昭和45年(1970)に大学の大会として始まり、第4回大会から高校も参加。高校の部は夏の選手権大会後の新チームによって行われ、優勝校が属する地区は、翌年の春の選抜への出場枠が一つ増える。大学の部は、6月に行われる全日本大学野球選手権大会と合わせて、大学野球の2大全国大会とされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

明治神宮野球大会

1970年に大学の大会として始まり、第4回から高校も参加。高校の部は夏の大会後の新チームによる全国一を争う大会。各地区の秋季大会を勝ち抜いた10校が出場し、優勝校が属する地区は、春の甲子園出場枠が1増となる。

(2010-11-19 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明治神宮野球大会の関連情報