コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明済 みょうさい

2件 の用語解説(明済の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明済 みょうさい

?-1413 室町時代の僧。
播磨(はりま)(兵庫県)赤穂郡の東寺領荘園,矢野荘の代官。明徳4年(1393),応永2年(1395)の領民の強訴(ごうそ),逃散(ちょうさん)により罷免されたが,応永4年ふたたび代官に任じられた。のち公文所の役につく。応永20年8月11日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

明済

没年:応永20.8.11(1413.9.6)
生年:生年不詳
南北期・室町時代初期の東寺の僧。名字は松本,豊前と称した。永徳1/弘和1(1381)年に東寺領播磨国矢野荘(兵庫県相生市)例名 の学衆方,供僧方の所務代官となり,明徳4(1393)年から応永初年にかけて生じた百姓の強訴の処理に当たる。のち帰洛し,応永13(1406)年には東寺の事務を統括する惣公文に任じられる。また夏衆に加わり,法眼にまで昇進。死後に「其遺跡抜群富裕」といわれたように,利殖の才に優れ,東寺に多額の銭を融通する一方で,富裕税である有徳役を守護から課されたりもした。

(伊藤俊一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明済の関連キーワード源氏物語・大沢本一元啓諸一之観海謙翁宗為持円宗観(1)明渓光聞無言昌謹頼勝

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明済の関連情報