コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石博高 あかし ひろあきら

2件 の用語解説(明石博高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石博高 あかし-ひろあきら

1839-1910 幕末-明治時代の医師,殖産家。
天保(てんぽう)10年10月4日生まれ。慶応2年生地京都に煉真舎を組織し,理化学,薬学を研究。明治元年の御所内病院開設のほか,養蚕場,牧畜場,学校,授産所などの創設につくした。明治43年6月20日死去。72歳。名は博人。号は静瀾。著作に「日本薬泉考」「化学撮要」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

明石博高

没年:明治43.6.20(1910)
生年:天保10.10.4(1839.11.9)
幕末明治期の医者,化学者,衛生学者。京都出身。慶応1(1865)年,京都医学研究会を創設,医学と化学の勉強に励む。明治2(1869)年大阪病院を創設,ハラタマ,ボードインらを招き,自身は薬局主管となるが,また大阪舎密局でハラタマのもとで助手も務める。翌年京都舎密局を創設するも14年廃止のやむなきに至り,私財を投じて,救おうとする。7年京都で日本最初の医師免許試験の実施を提言。また10年にはコレラの流行に際して,2年後の再流行を予言,検疫制度の採用を提案するなど,公衆衛生をはじめ多くの殖産事業に挺身する。私財を消費し尽くして開業医として失意のうちに没した。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の明石博高の言及

【ハラタマ】より

…著述としてほかに《理化新説》(三崎嘯輔訳,1868),《金銀精方》(大坂開成学校訳,1872)などがある。大坂舎密局伝習生としてハラタマに学んだ明石博高(ひろあきら)(1839‐1910)は,後に京都舎密局を設立した。【道家 達将】。…

※「明石博高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

明石博高の関連キーワードウェラー衛生学手医者社会衛生学公衆衛生学食品衛生学庄司光永松東海福原義柄松下禎二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone