コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石博高 あかし ひろあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石博高 あかし-ひろあきら

1839-1910 幕末-明治時代の医師,殖産家。
天保(てんぽう)10年10月4日生まれ。慶応2年生地京都に煉真舎を組織し,理化学,薬学を研究。明治元年の御所内病院開設のほか,養蚕場,牧畜場,学校,授産所などの創設につくした。明治43年6月20日死去。72歳。名は博人。号は静瀾。著作に「日本薬泉考」「化学撮要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

明石博高

没年:明治43.6.20(1910)
生年:天保10.10.4(1839.11.9)
幕末明治期の医者,化学者,衛生学者。京都出身。慶応1(1865)年,京都医学研究会を創設,医学と化学の勉強に励む。明治2(1869)年大阪病院を創設,ハラタマ,ボードインらを招き,自身は薬局主管となるが,また大阪舎密局でハラタマのもとで助手も務める。翌年京都舎密局を創設するも14年廃止のやむなきに至り,私財を投じて,救おうとする。7年京都で日本最初の医師免許試験の実施を提言。また10年にはコレラの流行に際して,2年後の再流行を予言,検疫制度の採用を提案するなど,公衆衛生をはじめ多くの殖産事業に挺身する。私財を消費し尽くして開業医として失意のうちに没した。

(村上陽一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の明石博高の言及

【ハラタマ】より

…著述としてほかに《理化新説》(三崎嘯輔訳,1868),《金銀精方》(大坂開成学校訳,1872)などがある。大坂舎密局伝習生としてハラタマに学んだ明石博高(ひろあきら)(1839‐1910)は,後に京都舎密局を設立した。【道家 達将】。…

※「明石博高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明石博高の関連キーワード京都癲狂院前田松閣明石国助明治時代堀真澄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android