コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石輗 あかし げい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石輗 あかし-げい

1788-1871 江戸時代後期の武士,書家。
天明8年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。勘定目付などをへて安政6年学館奉行兼目付役となり,元治(げんじ)元年物頭にすすむ。書を建部樸斎(たけべ-ぼくさい)にまなび,田村弘とならび称された。明治4年9月16日死去。84歳。本姓は羽田。名は善之。字(あざな)は大車。通称は友右衛門,樵夫。号は樗渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

明石輗の関連キーワード廃藩置県ラングハンスサリエリラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法オーストラリア・ニュージーランド文学喜多川歌麿ケルビーニ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android