コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明石輗 あかし げい

1件 の用語解説(明石輗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石輗 あかし-げい

1788-1871 江戸時代後期の武士,書家。
天明8年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。勘定目付などをへて安政6年学館奉行兼目付役となり,元治(げんじ)元年物頭にすすむ。書を建部樸斎(たけべ-ぼくさい)にまなび,田村弘とならび称された。明治4年9月16日死去。84歳。本姓は羽田。名は善之。字(あざな)は大車。通称は友右衛門,樵夫。号は樗渓。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

明石輗の関連キーワード廃藩置県サリエリ朋誠堂喜三二新教育高田藩北海道開拓杵築藩田畑勝手作許可モルガンウォーターズ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone