星弘道(読み)ほし こうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星弘道 ほし-こうどう

1944- 昭和後期-平成時代の書家,僧侶。
昭和19年9月10日生まれ。昭和40年日蓮宗・戒行寺住職。44年浅香鉄心に師事。50年日展初入選。53年毎日書道展毎日賞を受賞し,57年毎日書道展会員。59年読売書法会評議員。60年読売書法展読売新聞社賞。平成2年日展特選。13年日展会員。22年「小学之一文」で日展文部科学大臣賞。24年「李頎詩(りきし)贈張旭(ちょうきょくにおくる)」で芸術院賞。栃木県出身。立正大卒。著作に「顔真卿の書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星弘道の関連情報