張旭(読み)ちょうきょく(英語表記)Zhang Xu

  • ちょうきょく チャウ‥
  • ちょうきょく〔チヤウ〕
  • 張旭 Zhāng Xù

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,玄宗朝の書家官吏。呉郡 (江蘇省) の人。字は伯高。左率府長史の官についた。酒を好んで奇行に富み,大酔すると狂走して草書を大書し,張顛 (ちょうてん) と称された。杜甫飲中八仙歌』に詠まれたことでも名高い。革新的な狂草 (→草書 ) を創始した一人とされ,のちの懐素,高閑らに影響を与えた。主要な遺品に『自言帖 (じげんじょう) 』『草書古詩四帖』『郎官石記』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中国,唐代の玄宗朝ころの書家。生没年不詳。字は伯高。蘇州呉の人。草書の法を変革し,狂草(奔放な草書)を創始したという。酔うと草書の大字を書きなぐり,時には髪を墨に浸して書いたという奇行から張【てん】(ちょうてん)と称された。楷書に《郎官石記》,草書に《自言帖》がある。
→関連項目懐素

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,唐中期の書人。生没年不詳。字は伯高。左率府(そつぷ)長史になったので張長史と呼ばれる。呉郡(江蘇省)の人。長安で李白,賀知章顔真卿らと交わり,酒に酔ったうえで非常に変化に富んだ草書(狂草と呼ぶ)を書いた(これを称して〈張顚〉という)というから,玄宗の開元・天宝時代(713‐755)に活躍したことが知られる。一方また,彼は《郎官石記》にみられるような,非常に端正な楷書作品も残している。まったく謎の多い書人である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

中国、唐中期の書家。伝統的書法に対し極端に書きくずした狂草といわれる書体を創始。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生没年不詳。中国、唐代の玄宗朝(8世紀前半)の書家。字(あざな)は伯高。呉郡(江蘇(こうそ)省)の人。左率府長史の官についたので張長史とよばれる。陸柬之(りくかんし)の子の陸彦遠(げんえん)から「柬之の書法」を授けられ、名妓(めいぎ)公孫大娘(こうそんたいじょう)が2本の長い布を空中に舞わせる踊りを見て、草書の何たるかを悟ったといわれる。また酒を好み、酔えば狂ったようになって下筆し、髪に墨をつけて書いたので、世に張顛(ちょうてん)と称された。当時、草書の第一人者として高名で、自由奔放な「狂草」を創始したとされる。顔真卿(がんしんけい)や李陽冰(りようひょう)に筆法を授け、懐素や高閑に影響を与えたと伝えられる。楷書(かいしょ)の作品に『郎官石記(ろうかんせきき)』があり、草書の作品として『自言帖(じげんじょう)』『古詩四帖』などが知られている。[筒井茂徳]
『『書跡名品叢刊168 古詩四帖』(1971・二玄社) ▽中田勇次郎編『書道芸術5 張旭他』(1972・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

中国唐の玄宗の頃の書家。字(あざな)は伯高。草書にすぐれ、その書は放逸率意で狂草と呼ばれた。酒を好み、奇行が多かったので張顛と称された。王羲之以来の伝統書風に革新を加え、後の懐素などに影響を与えた。楷書作品の「郎官石記」も有名。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android