星野博美(読み)ほしの ひろみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野博美 ほしの-ひろみ

1966- 平成時代のノンフィクション作家,写真家。
昭和41年2月4日生まれ。写真家・橋口譲二アシスタントをつとめたのち,平成6年フリーとなる。2年間の香港生活の経験をしるした「転がる香港に苔は生えない」で13年大宅壮一ノンフィクション賞。24年自分のルーツ探しをしるした「コンニャク屋漂流記」で読売文学賞受賞。東京都出身。国際基督教大卒。著作はほかに「華南体感―星野博美写真集」「銭湯女神」「のりたまと煙突」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

星野博美の関連情報