コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春好斎北洲 しゅんこうさい ほくしゅう

2件 の用語解説(春好斎北洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春好斎北洲 しゅんこうさい-ほくしゅう

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
大坂の人。松好斎半兵衛の門人で,大判役者絵を多作した。春梅斎北英,春曙斎(しゅんしょさい)北頂ら門人もおおく,文政(1818-30)のころ上方浮世絵界の勢力を浅山蘆国(あしくに)の一派と二分した。狂歌もたしなむ。通称は治兵衛。別号に雪花亭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

春好斎北洲

生年:生没年不詳
江戸後期の大坂の代表的浮世絵師。俗称治兵衛。春好,雪花亭の号がある。松好斎半兵衛の門人。大判に限れば,約300点という上方で最大量の役者絵を残した絵師。流光斎,松好斎の様式を受け継いで,それに,役者の映える姿を強調する江戸趣味を加味し,上方役者絵を完成に導いた。文化6(1809)年から天保3(1832)年まで作品が知られているが,文政期(1818~30)前半が最盛期で,大首絵(半身図)に名品が多い。文政1年,上方に旅した北斎に師事し,そのころから江戸風が顕著になる。北頂,北英をはじめ門人は多く,芦国系と上方浮世絵界を二分する勢力を形成した。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春好斎北洲の関連キーワード細田栄之鳥居清次葛飾北洋鳥居清信菊川派浅山蘆国稲垣つる五粽亭広貞杉村治兵衛柳川国直

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone