コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春好斎北洲 しゅんこうさい ほくしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春好斎北洲 しゅんこうさい-ほくしゅう

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
大坂の人。松好斎半兵衛の門人で,大判役者絵を多作した。春梅斎北英,春曙斎(しゅんしょさい)北頂ら門人もおおく,文政(1818-30)のころ上方浮世絵界の勢力を浅山蘆国(あしくに)の一派と二分した。狂歌もたしなむ。通称は治兵衛。別号に雪花亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春好斎北洲

生年:生没年不詳
江戸後期の大坂の代表的浮世絵師。俗称治兵衛。春好,雪花亭の号がある。松好斎半兵衛の門人。大判に限れば,約300点という上方で最大量の役者絵を残した絵師。流光斎,松好斎の様式を受け継いで,それに,役者の映える姿を強調する江戸趣味を加味し,上方役者絵を完成に導いた。文化6(1809)年から天保3(1832)年まで作品が知られているが,文政期(1818~30)前半が最盛期で,大首絵(半身図)に名品が多い。文政1年,上方に旅した北斎に師事し,そのころから江戸風が顕著になる。北頂,北英をはじめ門人は多く,芦国系と上方浮世絵界を二分する勢力を形成した。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone